スポンサーサイト

  • 2014.09.12 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『タマラセ 彼女はキュートな撲殺魔』

    • 2004.11.30 Tuesday
    • 23:59
    雑誌情報をみて気にする。
    店頭でみて気が向く。
    所持金をみて手に取る。
    本文をみて気に入る。
    むしろ、これから先読んでいきたいシリーズになる。
    まるで魔が差したかのような軽い出会いに、「(よくぞ買った俺)」と、感謝したいほどには良い感触を得られました。
    不可思議な力が作用したのでしょうか。
    ……って、それってまんま魔に動かされたって意味やね。

    タマラセ 彼女はキュートな撲殺魔
    タマラセ 彼女はキュートな撲殺魔
    六塚 光, 日向 悠二

    第9回角川スニーカー大賞にて優秀賞受賞作となった作品、それがこの『タマラセ 彼女はキュートな撲殺魔』です。
    作者は六塚光<むつづかあきら>先生。
    読み仮名をみるまで、きちんと名前が読めませんでした。
    ムツヅカはともかく、光と書いてアキラと読むには前知識がないと難しいです。
    イラストは日向悠二<ひむかいゆうじ>氏。
    最初、ヒュウガと読んでしまっていましたが、ヒムカイです。

    この作品もまた、結構無駄のない物語でした。
    話には無駄な要素がほとんどありません。
    しかし、設定はまるで大風呂敷。
    魂裸醒<タマラセ>という設定はよく作りこまれているようで、底の深さを感じます。
    つまり、シリーズとして展開していくだけの懐の広さを持ちながら、一冊の作品としての完結性がきっちりしているということです。
    あとは内容が気に入れば、まんまと僕みたいなタマラセファンの出来上がり。

    前述した設定の奥深さ、無駄のないネタ仕込みに関連する話ですが、因果応報と状況推理が本編の流れを彩っています。
    個人的な見解としては、放課後退魔録が好きな人ならば、試しに読んでみる価値はたっぷりあるとみえました。
    ぬだらべが好き、って人はゼヒ、タマラセも読んでみてください。
    要所要所で思い悩む知略部分と画的にも見せ場となる戦闘部分には深く通じるものがあると思います。

    ところで、公式ページには、紫色の表紙イラストも掲載されています。
    あくまでもこの文庫の表紙は黄色がバックの状態で売られており、紫色の状態では販売されていません。
    では、このイラストが何なのかというと、いわゆる着せ替えブックカバーというやつ。
    購入者にキャンペーンで先着にもらえるもので、非売品。
    僕もアニメイトで購入した際にもらい、読む前に早速着せ替えたので、僕のタマラセは表紙が紫バックです。

    ちなみに、この作品に登場する眼鏡でツインテールのミス直球勝負こと九里浜純。
    着せ替えブックカバーの紫表紙を飾っているキャラクターです。
    実際に周囲にいたらものすごく付き合いにくそうですが、作中では気に入ったキャラのひとり。
    ところがその九里浜。九里浜がですね。
    人物紹介、非売品ブックカバー、解説においては、久里浜と書かれています。
    本編文庫発売より2日先に発売となったザ・スニーカー12月号掲載の読切短篇でも、人物紹介のところのみ久里浜になっています。
    おそらくは、編集側が漢字変換を誤ったまま、名前を勘違いしてしまったというところでしょう。
    もちろん、刊行されて一般に流通した以上、きっと後々には訂正されるとは思います。
    しかし、それならそれで、この誤字を初版ならではの特徴と思って、早いとこタマラセをゲットすることをオススメします。

    尚、ザ・スニの短篇「コルシカ忍者とイカ釣り大作戦」は文庫本編よりも後の出来事として書かれた作品。
    文庫読了後に読むことをオススメしますが、具体的なネタバレもないので、本編を知らなくてもそこそこ安心して読めます。
    笑えるネタの仕込み数は増えており、設定部分も必要最低限にまとめられてさらりと流されているので、より読みやすくなっていますしね。
    カラー見開き1点、扉絵1点、挿絵4点、立ち絵3点と、描き下ろしイラストも多数。
    力入っているのが分かるので、タマラセ、今後は更に期待大です。
    --------2004.12.03 00:21-----
    のべるのぶろぐ」にて当作品が挙がっていたので、トラックバックしました。

    スポンサーサイト

    • 2014.09.12 Friday
    • 23:59
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      だんだん趣味が似てきたのでしょうかねぇ。
      私もちょっと気になっている一冊です。
      着せ替えブックカバーまだ残ってたら買っちゃうかもしれません。
      • Magne
      • 2004/12/01 11:42 PM
      Magneさんに影響を受けた面は大分強いかと思います。
      ブックカバーはまだ残ってるかどうか微妙ですが、
      27日の段階でまだ残っていたということは、
      今も配布中だという可能性は十分にあるかと。
      • halki
      • 2004/12/02 3:51 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      応援中です!

      真・恋姫†無双〜萌将伝〜応援中! ケイブラブ

数々の熱いSTGアレンジを送り出してきたC&C!
今度はいよいよSTGブランド、CAVE<ケイブ>オンリーのアレンジアルバム!
怒首領蜂、エスプ、虫姫さま、ピンクスゥイーツなどなど、あらゆるケイブの魂を再燃させる!
さあ、シューティングの音弾を聴くがいい! 地獄歌占<じごくうたうら>

Manack氏とみとせのりこ氏による地獄少女イメージアルバム!
オリジナル楽曲だけでなく、わらべうたのアレンジまで!
極上、いや、獄嬢のイメージアルバムに注目!

      主張。

      『東方紅魔郷 〜 the Embodiment of Scarlet Devil.』

めーりん! めーりん!『東方妖々夢 〜 Perfect Cherry Blossom.』

ゆかりん! ゆかりん!『東方永夜抄 〜 Imperishable Night.』

みすちー! みすちー!『東方萃夢想 〜 Immaterial and Missing Power.』

Suica! Suica!『東方花映塚 〜 Phantasmagoria of Flower View.』

こまっちゃん! こまっちゃん!『東方文花帖 〜 Shoot the Bullet.』

アヤさん! アヤさん! 本多忠勝同盟

忠勝こそ最強よ!

      萌将伝〜蓮華〜

      真・恋姫†無双〜萌将伝〜応援中!

      ぱんにゃ宣伝部長

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      GA -芸術科アートデザインクラス- (1) (まんがタイムKRコミックス)
      GA -芸術科アートデザインクラス- (1) (まんがタイムKRコミックス) (JUGEMレビュー »)
      きゆづき さとこ
      きゆづきさん2冊目の単行本は、クロと同じくカラーページがたっぷり詰まった人気作!
      現在連載中のきららキャラット掲載分はもちろん、連載開始誌であるこみっくぎゅっと!時代の分もしっかりカバー!
      その他、おまけ要素も大量に盛り込まれた珠玉の一冊!

      recommend

      さよなら、いもうと。
      さよなら、いもうと。 (JUGEMレビュー »)
      新井 輝
      死んだはずの妹が帰ってきた!
      そんな不思議から始まる、淡々として、切なく、しかし緩やかで、時に騒がしい日常が描かれた新井先生の新タイトル。
      きゆづきさんの挿絵にも注目!

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM