スポンサーサイト

  • 2014.09.12 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    Web恋姫テスト終了!

    • 2010.10.26 Tuesday
    • 22:49
    今日、Web恋姫†夢想のベータテストが終了しました。
    僕は運良くテスター当選したので、今月はのめりこんでプレイしてましたよ。
    常にオンラインで張り付いていたい気分でした。
    オフラインな自分の本職が恨めしい。

    途中で追加当選があったこともあって、最終的なテスターは4000人強。
    そんな中、僕のランクは800位ちょいでした。
    そこそこな感じですが、十分に楽しめました。

    ランクですごかったのがきつねさん。僕の恋姫仲間です。
    最近、秋葉原MograなどでのアニメVJ業で「神」と呼ばれている方ですが、Web恋姫でも30位にランクしていました。
    どんだけだよ!

    なお、Web恋姫は、mixiのアプリ『ブラウザ三国志』によく似ています。
    慣れた方は同じ調子でプレイしてもよいでしょう。
    そうでなくても、僕のように全く初めてプレイする感じでも楽しめると思います。
    ブラウザ三国志は運が強く左右しますが、それに比べればWeb恋姫の運成分は少なめです。
    ショップで手に入る乙女絵札(武将を一人呼べる)くらいでしょうか。

    僕はテストでの限られた資金の中で孫権を2回出しましたけどね!

    まぁ、今回はテストなので、データは全て消去されてしまったわけですが。
    正式稼動が始まったら皆さんもプレイしてみたらいいかと思います。

    テストの最中に不具合・要望報告もたんまり出しましたので、きっと楽しいものになってくれると思います。

    『虫姫さまDX』

    • 2005.06.16 Thursday
    • 21:38
    昨日から『虫姫さまDX』がケータイサイト「極上シューティング」にて配信開始されました。
    これは、DoCoMoのFOMA機種、900i/901i用に開発されたiアプリです。
    CAVEのアーケード用シューティングゲーム『虫姫さま』のケータイ初移植版になります。
    7月21日発売のPS2移植版に先駆けての最初の移植版『虫姫さま』です。

    僕も昨日早速入手してプレイしてみました。
    基本的にアーケード版に忠実な出来となっています。
    モードはEASY、NORMAL、HARDをオプション設定で切替可能。
    ゲーセンでお馴染みのMANIACやULTRAはまだありません。

    通常ショットはオート連射。
    オプション配置の切替(集中/拡散)は、ボタン切替になっています。
    また、中断ボタンにより、ゲーム中のポーズが可能。
    ポーズ中は音も止まります。
    画面配置は、左側に所有ボム数、右側に残り機数を表示。
    他に、上部左側にスコア、右側に琥珀数を表示する配置になっています。

    加えて、一度プレイしたステージならば、ステージを選んで途中からスタートすることができます。
    常にSTAGE1からのプレイになるのではなく、辿り着いていれば、STAGE5からでもプレイ可能になります。
    手軽にプレイできて便利です。
    これは、どのモードで進んだ場合でも同じ。
    たとえば、EASYでSTAGE5まで進んでおけば、STAGE5をいきなりHARDでプレイすることもできます。

    難度はアーケード版よりも低いです。
    ちっともボム慣れしておらず、アーケードオリジナルでもSTAGE3が関の山、という僕でもすぐさまクリアできました。
    1ステージずつクリアしていけばいいので、かなり気軽にプレイできます。
    ケータイ用だけに、弾幕はアーケード用ほど厚くありません。
    難易度変更で目立つのも敵の耐久力のほうではないかと感じました。

    『虫姫さまDX』は現在、ケータイ用サイト「極上シューティング(旧:ゲーセン横丁)」にてダウンロードできます。
    ただし、ダウンロードには5コインが必要。
    そのため、マイメニュー登録も必要になりますので、非会員の方はご注意ください。

    ということで、虫姫さまの移植はFOMAが最初ではありますが。
    多分そのうち、エスプガルーダや虫姫さま外伝の移植と同じように、Vodafone3G用によりパワーアップされたものが出るんだと思います。
    Vodafone3Gユーザの方は気長に待ちましょう。
    続きを読む >>

    遊べるリヴィエラFlashゲーム

    • 2005.01.21 Friday
    • 18:07
    Riviera〜約束の地リヴィエラ〜』というGBAソフトがあります。
    僕は、ソフトそのものは持っておらず、プレイ経験もありません。
    が、戸部淑さんによるキャラクターイラストが妙に気になってはいました。
    それで、三月十四日堂<なかあきどう>Riviera宣伝Flashをきっかけに公式サイトを閲覧。
    すると、ダウンロードコーナーにやたらと遊べるFlashゲーム群。

    リヴィエラスピード
    リヴィエラパネル
    リヴィエラスロット

    特に、スピードがネット上でできるとは思っていなかったので、そこそこハマりました。
    以前はよくやったものでしたしね。
    一応全員制覇しましたが、苦戦したのは圧倒的にレダ。
    数回挑戦して、ようやく勝ったときは1枚差でした。

    リヴィエラスピード レダ戦勝利

    その次がフィアでこちらも数回やりました。
    チョウロウもなかなかカード送りが早いですが、考慮時間がかかるので手札を早く処理していけば勝てます。

    レダ戦は、相手のほうが確実にカードを置くスピードが速いです。
    他のキャラの場合は、自分の手札からカードを手早く送り込むだけでも勝つ見込みはあります。
    が、レダを相手にした場合は、いかに相手の手札が出せないように先手を取るかを重視するのがポイントです。
    相手の手札を観て出すカードを選んでいくことと、あとはカード運と手札処理の速度。
    結構楽しいのでやってみてください。

    ちなみに。
    声の配役を見るまでレダのことを女性キャラだと思ってました。
    むしろマリスを男性キャラだと思っていたのですが、KOS-MOS役はってる鈴木麻里子さんじゃないですか。
    あと、STINGといえば、BAROQUE<バロック>というイメージももう古いですかね。

    『シャドウハーツII ディレクターズカット』発売予定

    • 2005.01.18 Tuesday
    • 16:39
    驚きです。
    『シャドウハーツII ディレクターズカット』が発売だそうです。
    オフィシャルにも載っていないので、ひどく驚きましたともさ。
    3月10日発売予定で、メーカー希望小売価格は3129円だそうです。

    『シャドウハーツII』からの変更点は、大体のところ、

    新エリアの追加や従来エリアの変更
    敵キャラパーティ操作可能に
    新アイテムや新モンスターを追加
    サブイベント追加
    一部イベントシーンのCGムービー化
    ジャッジメントリングのサイズが大きく

    といったところのようです。
    いってみれば、完全版といったところでしょうか。
    これで3000円ちょいっていうのは安いですよ。
    実質は2500円程度で販売されるのではないかとみえますしね。
    この安さでこれだけ新たなポイントがあるのなら、すでにSH2を持っている人もまた買いやすいのはもちろんですし、人にオススメしやすくもなるでしょう。

    詳しくはこちらゲーム屋店員の戯言のこちらの記事「PS2 シャドウハーツIIディレクターズカット」をどうぞ。
    続きを読む >>

    TGS2004で巨像

    • 2004.09.24 Friday
    • 23:44
    今日は東京ゲームショウことTOKYO GAME SHOW 2004、略してTGSが行われたのですが、足を運んだ方はいましたでしょうか。
    とはいっても、今日は招待客のみ対象で、一般公開は明日と明後日ですけれどもね。
    だから、僕自身TGSには行っていません。
    が、ちょいとネットでTGS関連の話をみたところ、『ワンダと巨像』のことを知りました。
    ソニーの次回新作ソフトで、会場で出展していたそうです。
    TGSにあわせてか、サイトでも今日からムービーが観られます。

    雰囲気的にどうにも『ICO』を思い出してしまう作品です。
    それに、これはひどく個人的な感覚だとは思いますが、『tsugunai〜つぐない〜』や『ハウルの動く城』あたりともイメージが合う感じもします。
    主人公の若者とか、巨像とかが、少しイメージ重なりました。

    音楽表現も見事っぽいので、心惹かれる期待の新作になるような気がします。

    ロックマンvsメトロイド(軽く攻略つき)

    • 2004.09.21 Tuesday
    • 12:45
    ご紹介済みの『Megaman vs Ghosts'n Goblins』。
    その前作には『Megaman vs Metroid』というものがありました。
    今日はこの二つをクリアしました。

    まず魔界村ステージからプレイ。ジャンプブロックがちょっと難所かもしれませんが、全部のブロックを伝っていけば進めます。
    ボスのアーサーですが、こちらの動きに合わせてはしごを上下する癖があります。
    はしごを登りながら溜め、反対側でアーサーが登りきるタイミングを計ってチャージショットを撃ちこんでいけば実にあっけなく倒せます。
    クリア後には武器チェンジも加わりました。

    次にメトロイドステージをプレイ。
    右にばかり進んでいくのではなく、後半は左に画面をスクロールして進むので、ロックマンとしてはちょっと妙な感覚です。
    敵はほとんど無視していけますし、即死ポイントも特にありません。
    ダメージもさほど大きくないので、ほとんど突っ切っていくように進んでしまってもいいでしょう。
    ボスのサムス・アランですが、動きが素早く、攻撃方法も強力です。
    地面にボムを置きつつ転がってくるのはもちろん、ショットも縦横撃ち分けをしてきます。
    真上を飛んでいるときでも攻撃を食らうことになるので注意。
    サムスは、アーサーの上下位置合わせと同様、横位置を合わせてこようとします。
    これを利用して、中央のブロックの上にサムスをおびき出し、下で溜めながら待機。
    攻撃しに降りてきた瞬間を狙ってチャージショットをあてれば、また上へジャンプするので、そのときにブロックの下に行けば、サムスはブロックの上に着地するため、攻撃できません。
    そして、降りてきたところをまたチャージショットで攻撃。
    これをうまく繰り返せば倒すことができます。

    ちなみに、各ステージをクリアしていれば武器チェンジができますが、ゲットした武器はどちらのステージでも使用可能です。
    アーサーからゲットできるランス攻撃は、連射がきくので、サムスに連射しました。
    同じように、サムスを倒せばミサイルがゲットできます。
    しかも、アーサーステージをクリアした後、サムスステージをクリアしたのですが、この両方をクリアしたためか、更なるクリア特典がありました。

    なんと。
    ブルースが使えるようになりました。
    基本性能はロックマンと同じです。武器チェンジすれば色も変わります。

    どこまで遊び心満点ですか、こいつは。
    続きを読む >>

    ロックマンvs魔界村

    • 2004.09.21 Tuesday
    • 00:24
    今日ご紹介するのはFlash製ゲームです。
    もうのっけからヤバい作品です。
    でも、超絶面白いです。

    タイトルは『Megaman vs Ghosts'n Goblins』。
    内容は、ロックマン(スライディングおよびチャージショットあり)が魔界村を攻略する、というそりゃあもう危なさ炸裂、だけど面白さは抱腹絶倒並みに保証のゲーム。
    ロックマンの強さが浮き彫りになります。

    二段階の画面サイズ切替あり。
    ゲーム画面を等倍表示にすると、スーパーゲームボーイのようになります。
    デザインはライト博士の研究室仕様。
    キーカスタマイズあり。
    キーボードの各ボタンに自由に設定可能です。
    パッドは対応していないっぽい感じ。
    システムはロックマン。
    回復アイテムも大小あります。SEもロックマン。
    ステージは魔界村になっています。
    敵も魔界村のモンスター。BGMも魔界村。
    プレイ前のデモアニメやタイトル画面も激ヤバです。
    その分、ファンにとってはすんげー楽しいですが。
    続きを読む >>

    新・鬼ヶ島

    • 2004.08.19 Thursday
    • 13:33
    ファミコンミニ ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 前後編
    ファミコンミニ ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 前後編

    新・鬼ヶ島 前後編、昨日クリアしました。
    ファミコンミニ第3弾のディスクシステム編が発表され、ずらりと並んだタイトルをみたとき、真っ先に手に入れようと思ったのがこのゲームです。
    楽曲担当は、マリオやゼルダでお馴染みの近藤浩治さんなのですが、僕は近藤サウンドの中では、まず一番にこの新・鬼ヶ島が大好きです。
    簡素で聴きやすく心に染み入る和風のゲームサウンド。
    楽しくて、悲しくて、カッコよくて……、ゼヒとも聴いてもらいたいと思える曲でいっぱいです。

    本編の話も、日本人の共有財産である様々なむかし話がたくさん取り入れられており、かつ、むかし話らしからぬ面もいくつかあって楽しめます。
    難易度は少々高いですが、曲に聴き入りながらじっくりプレイしていけば、そのうちクリアまで辿り着けるはずです。
    昔ながらのシステムがそのままに再現されているため、セーブはひとつしかできませんし、メッセージ速度の変更もできませんが、ゆっくりのんびり落ち着いてプレイするにはちょうどいいところです。
    それに、今回のファミコンミニ版は前後編がひとつにまとまっているので、一気にプレイすることもできるので、気軽さはかなり高いといえます。

    さて、新・鬼ヶ島はもともと、1987年にファミコンのディスクシステムで前後編として発売されたのが始まり。
    前編は9月14日、後編は9月30日に発売されました。
    それから9年後の1996年、9月29日から10月25日までの間に、各話週切替の全4話構成で『BS新・鬼ヶ島』がサテラビューで放送されました。
    そもそも、僕が新・鬼ヶ島を知ったのはこのサテラで放送された『BS新・鬼ヶ島』がきっかけなのですが、当時やたら気に入っていたのをまだよく覚えています。
    BS版では、犬のりんご、猿のまつのすけ、キジのおはなという三匹のお供の話に、鬼ヶ島での決戦を加えて、全部で4つの話が各週放送されました。
    そして、これを基に作られたのが、翌年1997年の12月1日からニンテンドウパワーの書き換えソフトとして登場した『平成 新・鬼ヶ島』(前編・後編)です。
    後に、1998年5月23日からはROMカセット版でも発売されました。

    平成新・鬼ヶ島 前編
    平成新・鬼ヶ島 前編

    ニンテンドウパワーはサービスが終了してしまいましたが、カセット版は現在でも時折店頭でみかけることがあります。

    平成 新・鬼ケ島 後編
    平成 新・鬼ケ島 後編

    ちなみに、平成版はクリア後にオリジナル版がプレイできるという話なので、話が気になる方は平成版をプレイするとお得だと思います。

    ところで、BS版の第四話、平成版後編の第四話となっている決戦の話は、ゲーム操作にアクションシーンなどが追加されたため、ディスクシステムやファミコンミニで出たオリジナル版からアレンジが加わっています。
    ですから、BS版で魅了された僕としては、オリジナル版の話はあっさりしている感もありましたが、根っこの良さは変わらず感じることができました。
    年齢問わずオススメできる作品です。

    『シャドウハーツII』

    • 2004.08.14 Saturday
    • 19:21
    3日も空けてしまいました。
    ネタはあるんです。
    ただ書けてないだけなんです。すみません。

    今年一番のRPGと思って疑わないのが『シャドウハーツII』です。
    IIとつくことからも分かると思いますが、前作に『シャドウハーツ』があります。

    先日9日、このSH2をMagneさんにお貸ししました。
    お互い、『サモンナイト3』と『シャドウハーツII』という作品を気に入っているのですが、僕はサモン3を持っておらず、MagneさんはSH2を持っていません。
    いずれはそれぞれ買うつもりはあるのですが、今のところはまだ買っていられない。
    ならば、お互いプレイしたいソフトを持っているのだから、交換という形で一時的に貸し借りをしてみよう、ということで話が決まり、僕はちょこちょことサモン3をプレイしています。
    僕のサモン3プレイはまだほんの序盤なのですが、MagneさんのSH2プレイのほうは中盤の山場まで進んだそうで、その話からSH2を楽しんでいることがしっかり伝わってきて、同じSHファンとして嬉しく思いました。

    ストーリーは前作のバッドエンドのほうから続いてくるというものなので、前作をプレイしてからIIをプレイする場合であっても、実はバッドエンドで済ませておいたほうがラッキーかもしれない、という珍しいタイプの続編です。
    こうなったのには、より面白いRPGのシナリオを構築するという点以外にも理由があります。
    それは、SHでのグッドエンドの出し方がなかなか難易度の高いものであったため、バッドエンドでクリアしたプレイヤーが多数いたこと。
    そうした配慮が、プレイ中の感動をより引き立てる要素を作るに一役買われています。
    ゲームとしては、いわゆるマルチエンディングのため、物語の読み解き方も人によって分かれますが、SHバッドクリア〜SH2グッドクリア〜SHグッドクリアとプレイするのが個人的にはオススメです。

    そんなふうに、より遊びこむために、各作品が密接に結びついているこのシリーズ。
    ついに一昨日、公式サイトが、これまでの『シャドウハーツII』のみの取り扱いをやめ、『シャドウハーツ』も取り上げるようになりました。
    シリーズをあわせてプレイすることの相乗効果が高いだけに、もったいないと思っていたので嬉しいです。
    ゼヒちょいと覗いてみてください。

    ゼノサーガIIに使うセーブデータ

    • 2004.08.05 Thursday
    • 17:50
    ゼノサーガ エピソードII 善悪の彼岸』には、前作『ゼノサーガ エピソードI 力への意思』のクリアデータや『ゼノサーガ フリークス』のクリアデータを入れてプレイすると、水着を初期状態から持っているなどの特典があるのですが、どうやらこれらのセーブについては電撃PS2の2004年 Vol.278に付属されているという情報を「絡繰網寄道喫茶」でみかけました。
    価格は税込み1470円と高いですが、当然ながらソフト買うよりは安いです。
    僕はゼノサーガII持ってませんが、「ぜのコミをクリアするの面倒」という話をよく聞きますので、そういう方にはオススメですね。

    尚、この電撃PS2のVol.278。
    エスプガルーダ』アレンジモードのスーパーリプレイデータも収録されているそうで、気になるところです。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    応援中です!

    真・恋姫†無双〜萌将伝〜応援中! ケイブラブ

数々の熱いSTGアレンジを送り出してきたC&C!
今度はいよいよSTGブランド、CAVE<ケイブ>オンリーのアレンジアルバム!
怒首領蜂、エスプ、虫姫さま、ピンクスゥイーツなどなど、あらゆるケイブの魂を再燃させる!
さあ、シューティングの音弾を聴くがいい! 地獄歌占<じごくうたうら>

Manack氏とみとせのりこ氏による地獄少女イメージアルバム!
オリジナル楽曲だけでなく、わらべうたのアレンジまで!
極上、いや、獄嬢のイメージアルバムに注目!

    主張。

    『東方紅魔郷 〜 the Embodiment of Scarlet Devil.』

めーりん! めーりん!『東方妖々夢 〜 Perfect Cherry Blossom.』

ゆかりん! ゆかりん!『東方永夜抄 〜 Imperishable Night.』

みすちー! みすちー!『東方萃夢想 〜 Immaterial and Missing Power.』

Suica! Suica!『東方花映塚 〜 Phantasmagoria of Flower View.』

こまっちゃん! こまっちゃん!『東方文花帖 〜 Shoot the Bullet.』

アヤさん! アヤさん! 本多忠勝同盟

忠勝こそ最強よ!

    萌将伝〜蓮華〜

    真・恋姫†無双〜萌将伝〜応援中!

    ぱんにゃ宣伝部長

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    GA -芸術科アートデザインクラス- (1) (まんがタイムKRコミックス)
    GA -芸術科アートデザインクラス- (1) (まんがタイムKRコミックス) (JUGEMレビュー »)
    きゆづき さとこ
    きゆづきさん2冊目の単行本は、クロと同じくカラーページがたっぷり詰まった人気作!
    現在連載中のきららキャラット掲載分はもちろん、連載開始誌であるこみっくぎゅっと!時代の分もしっかりカバー!
    その他、おまけ要素も大量に盛り込まれた珠玉の一冊!

    recommend

    さよなら、いもうと。
    さよなら、いもうと。 (JUGEMレビュー »)
    新井 輝
    死んだはずの妹が帰ってきた!
    そんな不思議から始まる、淡々として、切なく、しかし緩やかで、時に騒がしい日常が描かれた新井先生の新タイトル。
    きゆづきさんの挿絵にも注目!

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM